• ホーム
  • フィンカーの飲み方は?服用間隔と容量調節に注意が必要

フィンカーの飲み方は?服用間隔と容量調節に注意が必要

髪に悩む男性

フィンカーの飲み方はその目的によって異なります。AGAの治療を目的とする場合は1錠を4分割して毎日一つ飲みます。分割はカッターなどを使用することで行えますが、スプーンなどでも割ることができます。均等に分けることは毎日の服用量を均一にするためにも重要となります。前立腺肥大の治療として飲む場合は1日に1錠を服用する必要があります。

フィンカーの服用は1日に1回です。そのため、難しい要素は基本的にないといえるでしょう。食前であっても食後であっても服用のタイミングとして問題ありません。ただし、ある程度胃酸が分泌されていた方が薬の成分が吸収されやすくなるので、空腹時に飲む場合は白湯などを飲んで胃の準備を整えておくことが重要となります。フィンカーの服用期間は最低6カ月とされており、いつまで飲むかはその方の症状によって変わります。フィンカーは1日に1回服用し、次の服用までには24時間空ける必要があります。つまり、毎日同じ時間に飲むことが大切です。もしも、飲むのを忘れてしまった場合でも1日2回飲むことのないようにしましょう。忘れた場合は1回分を飛ばすことになってしまいます。どうしても忘れてしまいそうで不安があるという場合には、スマートフォンのアラームなどをセットしておくことが有効です。

フィンカーの錠剤を分割する際には、破片などが飛び散らないようにすることが重要となります。フィンカーの主成分であるフィナステリドは触れただけでも多少の作用が起こります。女性はフィナステリドを服用することができないため、フィナステリドに触れないようにする必要があります。分割の際に破片を飛ばしてしまうと、その破片に女性が触れてしまう恐れがあり危険になってしまいます。それゆえに破片を飛ばさないようにすることが大切です。分割した後の薬剤は密閉保存する必要があります。たくさんの空気と触れることで効果が薄まってしまう恐れがあるからです。

フィンカーの飲み方のポイントは1日1回を守ることと、4分割を適切に行うことの二つであり、これらさえ守ることができれば後は難しいことはありません。長期的な服用が前提となりますが、1日1日間違いのないように気を付けておくことで、効果が発揮される可能性が高まります。フィンカーを飲む際にお茶やジュースを使うと、カフェインなどに何らかの反応を示す可能性があるので、基本的には水か白湯で飲むことが大切です。

関連記事
フケは頭皮の垢!フケが出る原因とAGAに及ぼす影響とは 2020年05月03日

フケは頭皮のあかであり、脂漏性皮膚炎などを発症している場合フケの量が大幅に増えることになります。脂漏性皮膚炎とはマラセチア菌が増殖することによって起こる炎症であり、たくさんのフケが出ることでこの皮膚炎に気付くという方もいます。進行することでフケの量が増えたり、かゆみが発生したりすることがあります。か...

フィンカーは通販で個人輸入するのが安くてお得!その理由とは 2019年11月01日

フィンカーは有効成分フィナステリドを含んでいるにも関わらず、リーズナブルな価格で販売されているので、欧米の方などが使用するケースも少なくありません。しかしながら、インドの製造会社によって生産されているフィンカーをどうやって買えばよいのかと考える方もいるのではないでしょうか。フィンカーは日本にある一般...

AGAは完治しないの?症状改善や進行を遅らせる方法はあるのか 2020年03月28日

agaを治療するにあたって、完治するのかどうかということは多くの方の関心事です。結論からいうと完治させることは非常に難しいといえるでしょう。agaのトリガーとなる決定的な要因が存在していて、その要因を早期の段階で完全に取り除き、なおかつ適切な治療薬を使用した場合には完治する可能性は0でなくなります。...

AGAでも薄毛を目立ちにくくする髪型はある?おすすめの髪型とは 2020年02月17日

agaは治療によって改善できる可能性がありますが、治療には時間がかかります。その間は薄毛が目立ちにくい髪形にしておきたいという方も多いです。中にはagaでも気付かれにくい髪形もあります。薄毛が目立ちにくい髪形として挙げられるのがソフトモヒカンです。サイドにバリカンを入れて刈り上げつつ、トップを短くし...

フィンカーを服用するとホルモンバランスが崩れる?副作用と併用禁忌について 2019年12月16日

フィンカーは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを減らす作用を持っているため、男性ホルモン減少による副作用が起こります。具体的にいうと性欲の減退や精液の減少などが挙げられます。これらを発症することはフィンカーが作用していることを示す要素でもあります。また、性機能に関する副作用はある程度想定...